2018年05月27日

関野宿→下鳥沢宿

昨日甲州道中の関野宿から下鳥沢宿を歩きました。\(^-^)/
甲州道中歩きの5日目。
最寄り駅はJR中央本線藤野駅と鳥沢駅。
距離は寄り道含めて27.5km、11時間の旅。
歩数は36,736歩。

前回は小仏峠で武蔵国から相模国に入りました。
相模国最後の宿場である関野宿への道筋は、中央本線で旧道は消滅しています。
そのまま進んで迂回して関野宿の中心地に突き当たるか、引き返して国道20号を進むか、どちらかを通ります。
おらは引き返して明治道がベースとなっている国道20号を進みました。
ko180527a.jpg
(藤野駅を出発すると、相模川の対岸に緑のラブレター)

関野宿を出ると国境越えです。
武蔵国→相模国は峠越えでしたが、相模国から甲斐国は川越えです。
往時は関野宿と上野原宿との間に流れる境川を橋で渡るのですが、相模ダムの建設で相模湖ができて、旧道は湖底に沈んで消滅しています。
現在は旧道より上流に道ができ、境沢橋で国境越え=県境越えができます。
ko180527b.jpg
(境沢橋を渡るといよいよ甲斐国)

河岸段丘の坂を上ると上野原宿。
久しぶりの大きな街です。
上野原の名物が酒まんじゅうで、和菓子屋とは別に、何と!酒まんじゅう専門店が数軒あります。
せっかくなので、専門店を4軒回って食べ比べしました。
思いのほか大きいものもあって、お腹いっぱいになってしまい、昼食に影響が出ました。(^-^;
ko180527c.jpg
(専門店のひとつ永井酒饅頭店@上野原宿)

上野原宿〜犬目宿は河岸段丘や尾根道を通るので坂道が多く、車を通すために新道ができて、廃道になっている道筋があります。
また、鶴川宿〜犬目宿では中央高速建設のために消滅している区間もあります。
国道・県道に、旧道でも舗装路・けもの道のような土道、廃道の藪漕ぎなど、バラエティに富んだ街道歩きでした。
ガイド本や街道歩きのサイトでは廃道のことまで書いてないですが、YouTubeの「原付で甲州街道を走ってみた」を参考にしたおかげで楽しめました。
一部、こちらが旧道でしょ?という提案もできて、個性が出せたのもヨカッタです。
ko180527d.jpg
(談合坂SA手前の迂回路@野田尻宿)

先週出かける予定だったのがグッタリしていたので1週間延期したのですが、昨日はテンションが高く、ツイートの数が普段より多かったかも知れません。(^-^;
終点の鳥沢駅前に着いたのが18時30分。
季節が違えば犬目宿で日没になり、真っ暗な街道を1人トボトボ歩くことになっていました。
次回は来月ですが、梅雨入りしてしまうので、歩きに行けるかな〜?
ko180527e.jpg
(山道を下り国道20号と合流@下鳥沢宿)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州街道歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183341222

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 甲州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.