2018年06月20日

甲州道中日本橋 その12

井伊直弼が暗殺された警視庁の前を横目に先を進む…ってゆーか、その向かいに建つ、左手の煉瓦造りの法務省旧本館が気になる。
明治28年(1895)に建てられたもので、元は米沢藩上杉家江戸屋敷跡。
関東大震災や東京大空襲などの災難に遭ったものの、改修されて国指定重要文化財となっています。
ko180620.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋
この記事へのコメント
法務省旧本館は,歩きでいうと桜田門からは戻る方向ですよね。
こんな立派な建物は,じっくり見学したいものです。
東京を巡るだけでも,大変な時間が要りそうで,びっくりです。
Posted by 萩さん at 2018年06月21日 16:24
そうなんです。
日比谷公園から桜田門まで左側の歩道を歩いていたので法務省旧本館の横を歩いていたんですが、視線が桜田門に向いてしまって気がつかず、桜田門を出る時に気がついて撮った写真です。
交差点を渡る前に気がつけば碑があったのに残念です。(^-^;
都内は江戸の中心なので史跡が多くて前に進みませんね。(^-^;
Posted by とらぞう at 2018年06月21日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183596489

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 甲州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.