2018年10月08日

鶴瀬宿→石和宿

6日(土)に甲州道中の鶴瀬宿から石和宿を歩きました。\(^-^)/
甲州街道歩きの9日目。
最寄り駅はJR中央本線甲斐大和駅と石和温泉駅。
距離は寄り道含めて26.8km、10時間45分の旅。
歩数は34,735歩。

4日目の小仏峠越えから郡内の山道を進んできましたが、前回笹子峠越えをしていよいよ甲府盆地。
久しぶりの平地です。
甲府盆地の玄関口である勝沼宿はぶどうの産地。
当初から勝沼でぶどうを買おうと思っていて、ぶどうのトップシーズンである9月を目標にしていました。
この夏ちょっと忙しかったので予定通り進まず、帳尻合わせで前回の笹子峠は予習をせずに歩くことに…。
その甲斐あって何とかシーズンに間に合い、ぶどうを購入できました。(^-^;

まずは鶴瀬宿。
前回の駒飼宿と合宿の小っちゃい宿場。
駒飼宿と比べると平地のように感じますが、日川や沢を越えるのに川面近くに橋が架けられるので、往時は上り下りがキツかったと思われます。
関所である口留番所もあったので、やはり険しい地形だったんでしょう。
旧大和町は甲州鞍馬石の産地で石材店も多く、赤茶色の石のある風景が見られます。
ko181008a.jpg
(甲州鞍馬石の常夜灯いっぱい@塩野庭石店)

近藤勇ゆかりの柏尾を過ぎると勝沼宿。
国宝のある大善寺や宿場内に観光客が多いので、ぶどうの季節はさすがに賑わっているな〜と思ったら、第65回ぶどうまつりの開催日でした。(^-^;
滞在時間が長めになってしまったものの、大善寺では秘仏の薬師三尊がご開帳されていたのでラッキー!
ko181008b.jpg
そして、20年前にたまたまぶどう狩りに立ち寄った若尾果樹園を再訪してぶどう&ワインを購入しました。
今回で3回目の訪問だけど、2回目の時に若尾家が元脇本陣ということを知ったので、勝沼宿を歩く時は訪問必須でした。
ko181008c.jpg

勝沼宿の滞在時間が長くなってしまったため昼食も遅く、14時半頃。
しかも、お目当てのお店は人気店で麺がなくなり閉店!
まさかの昼食難民!かと思いきや、はす向かいの芳玉園さんで自家製ほうとうをいただきました。
ko181008d.jpg

そんなこんなで最後の石和宿では想定外の日没後となってしまい、街道歩き初の宿場丸ごと真っ暗。
最近では、日光街道の小金井宿を過ぎて下野市役所に着いた時や、奥州街道の芦野宿を過ぎて間の宿寄居本郷で暗くなりましたが、すでに暗くなってから宿場に着くのは初めて?
暗くて景色は見えないし、予定していた寄り道もできず、残念なことになってしまいました。(^-^;
ホームページの石和宿をどんな構成にしようかと悩みますが、これはこれで旅の思い出。
バラエティ豊か?な街道歩きとなりました。
ko181008e.jpg
(ゴールの石和一里塚跡)

↑今回は一里塚跡4カ所チェックしました(^-^;↑
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州街道歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184629503

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 甲州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.