2018年10月29日

甲府柳町

昨日甲州道中の甲府柳町を歩きました。\(^-^)/
甲州街道歩きの10日目。
最寄り駅はJR中央本線石和温泉駅と塩崎駅。
距離は寄り道含めて30.4km、10時間20分の旅。
歩数は39,190歩。

今回の甲州街道歩きは“甲府宿”である甲府柳町1宿のみです。
当初は甲府柳町と韮崎宿の2宿を歩く予定でしたが、前回日没後になってしまった石和宿のように、途中で日の入りになってしまい、ひと駅前の塩崎駅でおしまいにしました。
今回は甲斐国の中心地である甲府を歩くにあたって、寄り道したいところが多く、街道歩き初の「前泊」を試みました。
しかし、寄り道が多すぎたのか?時間が2時間くらい足らなかったような気がします。
まぁ、前日の明るい時間帯に石和宿を再訪できたのはヨカッタです。(^-^;
ko181029a.jpg
(甲府盆地でお馴染みの丸石道祖神 できたてのピカピカ)

前泊の甲斐あって、普段ならまだ横浜線に乗っている時間に、川田一里塚跡である川田の追分をスタート。
ほぼ一直線の国道411号を進みます。
青梅街道の山崎の追分を過ぎたら、酒折宮をはじめ、甲斐善光寺や甲府五山の東光寺などに寄り道。
ko181029b.jpg
(甲斐善光寺本堂)

“甲府宿”甲府柳町には枡形が残っています。
前回歩いた勝沼宿や栗原宿にも枡形はあったものの、大分改修されているので、県庁所在地として人や車が多い甲府に残っているのは貴重です。
ここでも甲府五山の能成寺や浄土宗府中五ヶ寺をすべて立ち寄りました。
ko181029c.jpg
(浄土宗府中五ヶ寺のひとつ尊躰寺にある大久保長安の墓)

札の辻で久しぶりに参加する東海道吉田宿@豊橋の萩さんと待ち合わせ。
2年前の春に日光道中幸手宿を歩いて以来の弥次喜多道中です。
甲府柳町では明治創業の和菓子屋でお八つをいただき、江戸時代寛文年間創業の蕎麦屋で舌鼓。
ko181029d.jpg
(くろ玉で有名な明治44年(1911)創業の澤田屋)

荒川・貢川を渡り、中央高速をくぐると甲斐市。
甲州道中は小仏峠前後から笹子峠を越えるまで、小っちゃい宿場が続いていたのに、甲府柳町〜韮崎宿の距離が14kmと異常に長い。
甲斐市の旧竜王町や旧双葉町にも宿場があってもおかしくないのですが…。
歩いてみて驚いたのは赤坂。
ko181029e.jpg
べた踏み坂と言ってイイほどの急坂です。
旧竜王町と旧双葉町の境がいわば峠で、三軒茶屋跡。
現在はコンビニ茶屋があるのでひと休みできます。

三軒茶屋跡を下ったところでまだ日の入り前ですが、お日さまが山に隠れてしまい、いつ暗くなってもおかしくない状況。
2回連続で立ち寄った宿場が真っ暗なのは困るので、ちょうど通過する予定だった塩崎駅前でおしまいにしました。
やって来た電車が甲府止まりだったので、甲府駅北口で一風呂浴びて完歩いしました。
ko181029f.jpg
(泣石の辺りでお日さまが山に隠れて、おらも泣きました(^-^;)
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 甲州街道歩き
この記事へのコメント
とらぞうさんは,30kmも歩いたのですね。
すごい体力。驚きです。
豊橋からだと,甲府は遠い。
遅く着き,はやく帰らねばならず,あまりご一緒できず申し訳ありませんでした。
私の歩いた距離は短かったですが,くろ玉の澤田屋さんや,そば処の奥村に立ち寄ることができて良かったです。

次回は,韮崎から台ヶ原へ向かいますね。交通の便が良くないところもありますが,昔ながらの風景が残っている甲州道中でいちばん素敵なところです。頑張ってくださいね。
Posted by 萩さん at 2018年10月30日 09:56
日曜日はお付き合いいただきありがとうございました。
くろ玉や奥村を気に入っていただいてヨカッタです。

台ヶ原・教来石は国道20号かぁと思ったら、けっこう旧道が蛇行しているので楽しみです。
ただ、歩くのが真冬か春先の、枯れた季節なんですよね。(>_<)
Posted by とらぞう at 2018年10月30日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184806022

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 甲州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.