2019年03月13日

蔦木宿

先週土曜日に甲州道中の蔦木宿を歩きました。\(^-^)/
甲州街道歩きの13日目。
公共交通だと、中央本線韮崎駅を介して、下教来石下バス停から中央本線青柳駅。
距離は寄り道含めて21.5km、7時間35分の旅。
歩数は28,488歩。

今回は甲信国境にして山梨長野の県境を通り、いよいよ長野県へ。
釜無川に架かるその名も国界橋を通りますが、噂に聞いていた電気柵が!
天下の街道にこんな柵があるとは…。
感電しないか心配したけど、素手で扉の開閉ができたのでホッ。
ko190313a.jpg

今回は20km以上歩いて、宿場は国界橋を渡ってすぐの蔦木宿ひとつだけ。
今までの甲州街道なら、宿場があと2つくらいあってもおかしくない。
蔦木宿を国道20号が横切って、宿場ならではの格子戸のある民家は少ない。
鳥沢宿のような雰囲気。
しかし、蔦木宿は屋号が掲げられて、それだけで暖かみのある風景に感じられます。
ko190313b.jpg
(蔦木宿の江戸方枡形)

前回は1日のほとんどが北杜市だったけど、今回は初めて訪れる富士見町。
富士見町はスゴい!
何がスゴいって、石仏の宝庫!
富士見町の人口より石仏の方が多いんじゃないのかと思うくらい。
あまり見かけない石祠道祖神が多く、普段はあまり石仏の写真を撮らないけど、今回はパシャパシャ撮りました。
ko190313c.jpg
(机集落の石祠道祖神)

石仏以外でも富士見町はスゴい!
何がスゴいって、坂道の宝庫(笑)!
下蔦木・上蔦木(蔦木宿)・机・瀬沢・芓ノ木・原の茶屋・神戸などの集落を通ったけど、蔦木宿以外は坂道。
勝沼から長らく平坦な甲府盆地を歩いて来たけど、山あり谷ありバラエティに富んだ道のりです。
翌日足首が痛くなりました。(^-^;
ko190313d.jpg
(御射山神戸集落から御射山神戸一里塚へ向かう上り坂)

今回は終点のポイントは決めないで、青柳駅を通過するのに日の入り後なら青柳駅まで、日の入り前なら次の金沢宿の本陣前まで。
金沢温泉金鶏の湯がお目当て。
一日イイ天気で、坂道の上り下りで汗はかくし、顔を洗ったら塩っぱかったので、一風呂浴びられてヨカッタです。
ただ、食処がないのが玉に瑕。風呂上がりに完歩いしたいね〜。
ko190313e.jpg
(黄昏の金沢宿がゴール)

前回の北杜市もヨカッタけど、今回の富士見町もなかなかヨカッタ。
また訪れてみたいと思える街道歩きができました。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州街道歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185707243

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 甲州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.