2019年02月27日

甲州道中日本橋 その19

麹町六丁目交差点を過ぎて路地を入ると心法寺(しんぽうじ)。
元は三河国宮崎村の秦宝寺で、慶長2年(1597)徳川家康の命によって移転しました。
今では千代田区内で唯一所のある寺院となっています。
境内にはお宝がいっぱい。
本尊の木造阿弥陀如来坐像をはじめ、延宝4年(1676)製の銅製梵鐘、宝暦2年(1752)製の庚申塔、そして万延2年(1861)製の水盤などが区指定文化財です。
帰りがけにふと見ると、塩まみれのお地蔵さま(塩地蔵)が!
足下に塩の容器が置かれ、自分の具合の悪いところに塗りつけると治るそう。
こんなクールな都会の真ん中でも、昔ながらの民間信仰が続いているんだね〜。
ko190227a.jpg
(銅製梵鐘と庚申塔)

ko190227b.jpg
(水盤)
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2019年02月16日

甲州道中日本橋 その18

甲州道中は半蔵門交差点を左折して西へ向かいます。
今まで江戸城の濠に沿って武家屋敷の間を通ってきたけど、ここから麹町で町屋が始まります。
現代の町屋はギッシリと並ぶビル街で、急に空が狭くなりまた。
何だか日本橋より半蔵門交差点の方が甲州街道の起点っぽく感じます(笑)。
最初は真っ直ぐだった道も、次の麹町1丁目交差点を過ぎると左カーブとなり、麹町四丁目交差点を過ぎると右カーブとなり、緩やかに蛇行しています。
4車線道路になっても旧道らしくてイイね!
ko190216.jpg
(麹町1丁目交差点から臨む甲州街道)
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年11月24日

甲州道中日本橋 その17

三宅坂を上りきると半蔵門。
桜田門の辺りは濠の水面が近かったけど、半蔵門では景色が一変します。
お濠が深いのよう。
標高が坂下の桜田門交差点が6.6m、坂上の半蔵門交差点が28.5mなので、1.3kmほどの間に22mも上っています。
半蔵門の名は門外に服部半蔵の組屋敷があったとか、警備をしていたからということだけど、桜田門だと地名の桜田郷から付いた名前なので、江戸城の施設に個人名が付いているということは、それだけ信頼が厚かったんだね。
今は半蔵に代わって、皇室の警備で警察官が立っています。
ko181124.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年11月23日

甲州道中日本橋 その16

街道復帰して上り坂の三宅坂。
とにかくジョガーが多い。
皇居外周のジョギングが人気と聞いていたけど、多いね〜。
濠側がジョガー、車道側が歩行者と、線引きされているわけではないけど、左側通行で棲み分けができています。
そのためか?お濠の写真を撮るのに濠側に立っていたら、ジョガーに舌打ちされました。
別々の場所で2人。
ジョガーにすれば歩行者はジャマかもしれないけど、歩行者から見るとジョガーがジャマ。
しかも、ジョガーのみなさんは下り坂で、速いスピードで向かって来るのでおっかない。
もしぶつかったりでもしたら、歩行者の衝撃は大きいので、そこは共存共栄&交通安全でお願いします。
ko181123.jpg
(左側通行で撮った写真です(笑))
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年10月24日

甲州道中日本橋 その15

国会前庭は斜面になっていて、石段を上ると石造りの倉庫が建っています。
明治24年(1891)製の日本水準原点標庫で都指定有形文化財&区特別登録文化財。
この地に参謀本部陸地測量部があったので、国内の高さの基準となる日本水準原点が置かれています。
設置された時の東京湾平均海面からの標高は24.5000m。
その後、大正12年(1923)関東大震災の地殻変動で沈下したため24.4140mに改定され、平成23年(2011)東日本大震災でも沈下して、現在は24.3900mとなっています。
また巨大地震が起こると標高が変わるのね。(+_+)
地図学の聖地巡礼。
ko181024.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年10月22日

甲州道中日本橋 その14

国会前庭(北庭)が彦根藩井伊家江戸上屋敷跡。
元は熊本藩加藤清正の屋敷だったけど、2代目の忠広の時に改易され、井伊家が拝領しました。
井伊直弼が暗殺された外桜田門まで、ほんの500mくらいの距離しかありません。
前庭に入ると、すぐ都指定旧跡桜の井。
元は国会前交差点にあったものを、昭和43年(1968)道路工事のため現在地に移されました。
往時は名水井戸と知られ、江戸城を訪れる通行人に水を提供していたそうだけど、今は涸れ井戸。
♪大学ノートの裏表紙に〜さなえちゃんを描いたの〜♪←そ、それは古井戸
ko181022.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年10月18日

甲州道中日本橋 その13

日本橋からずっと平らだったけど、桜田門から緩やかな上りの三宅坂です。
ジョガーが多い。
国会前交差点で横断歩道を渡ります。
この辺りは広島藩浅野家江戸上屋敷跡。
国会議事堂は意外にも有形文化財とかに指定されていません。
昭和11年(1936)に建設されたものなので、新しすぎるのかな?
ko181018.jpg
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年06月20日

甲州道中日本橋 その12

井伊直弼が暗殺された警視庁の前を横目に先を進む…ってゆーか、その向かいに建つ、左手の煉瓦造りの法務省旧本館が気になる。
明治28年(1895)に建てられたもので、元は米沢藩上杉家江戸屋敷跡。
関東大震災や東京大空襲などの災難に遭ったものの、改修されて国指定重要文化財となっています。
ko180620.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年04月17日

甲州道中日本橋 その11

桜田門は外桝形という防御性の高い城門で、外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造となっています。
高麗門よりデカい渡櫓門の内側には、最初に立ち寄った一石橋迷子しらせ石標にあったような几(き)号水準点が刻まれています。
ko180417.jpg
いや〜、桜田門の正式名称が「外桜田門」ってのは知らなかったな〜。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋

2018年04月14日

甲州道中日本橋 その10

往時には架かっていなかった祝田門を横目に桜田門交差点。
お濠の先に国指定重要文化財旧江戸城外桜田門があります。
この外桜田門とは別に本丸近くにある桔梗門を内桜田門と呼ぶそうです。
万延元年(1860)大老井伊直弼が水戸浪士に暗殺された桜田門外の変が有名だけど、暗殺された場所は現在の警視庁の前辺り。
ko180414.jpg
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 00甲州道中日本橋
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 甲州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.